読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

(^ー^* )♪ 楽 c~ Wine  【 シラー 】

?ワインはイメージ、味は写真で試す。

                          ※ こちらの記事は「NIHON BISHOKU GAKKAI」から

 

f:id:battan360:20141013115910j:plain

 

 

 

 

 

  《代表産地》

  ●フランス
 コート・デュ・ローヌ
 プロヴァンス地方

  ●オーストラリア

 

特徴
 南部フランス、オーストラリア、コート・デュ・ローヌプロヴァンスなど。ローヌのものが最も有名。
色彩
 黒、もしくは紫がかった濃い赤色。
香り
 果実香とスパイス香で構成されることが多く、スパイ シーで野性的な印象が個性となる。ブラックベリー、ブルーベリー、スミレなどのスモーキーな果実香やラズベリー、ブラックカラントのフレッシュな果実香、 そして粗挽き黒胡椒、グリーンハーブなどのスパイス香、そして黒糖、なめし皮、ジビエ(狩猟した生肉)などの重厚な香が加わる。メルロのようなプラムジャ ムなどの個性が見えることもある。
(代表香: ラズベリー、ブラックカラント、ブルーベリー、ブラックベリー、プラム、プルーン、スミレ、ユリ、ユーカリ、天草、ラベンダー、黒胡椒、丁子、シナモン、ベーコン、ジビエ(狩猟した生肉)、(個人的には)ミヤマクワガタ

 スパイス系の辛味が多品種よりも強く、またアルコール 分が高いためにそこから生れる辛味も感じられる。渋みも十分にあるが、その個性は重厚さよりもフレッシュさに重心があり、カベルネ・ソーヴィニヨンほどの 重さはない。コクの強い骨太のワインであるが、果実の味も十分に感じられるため、その存在感こそ最重要品種ではないながらも、ワインとしての完成度は高 い。
コメント
 ス パイシーな香りを持つワインであり、同様にスパイシーな個性をもつ食材との相性に長ける傾向があります。塩胡椒はもちろん、ローズマリーなどの個性の強い ハーブから、オリエンタルスパイスや、エスニックな味付けのものには、非常に重宝するワインです。肉料理にあわせて飲まれることが多く、肉の風味をしっか り伝えてくる料理には確かに相性が良いようです。カベルネ・ソーヴィニヨンとは肉との相性に若干の違いが見られ、カベルネ・ソーヴィニヨンに比べるとより 複雑な味付けや、多くの素材との煮込み料理のように、数多くの風味が存在する肉料理と相性が良いようです。そのためアジア料理やエスニック料理にも使いや すいという個性が見られます。また肉も羊や鴨といった肉そのものに癖のあるものから、イタリア料理における豚ロースのように、その脂身にガッチリスパイス を効かせて料理されるような肉があわせやすいと思われます。チーズも癖の強さを期待して、ゴーダチーズなどとの相性が良いようです。

 

f:id:battan360:20140926023958p:plain