読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

楽c~! 嬉c~!! E-Wine。 【 丹波ワイン 播磨産 シャルドネ シュール・リー 】

ワインは「ジャケ買い?」

 

    f:id:battan360:20150830063842j:plain   播磨産 シャルドネ シュール・リー

                                    HARIMA CHARDONNAY SUR LIE

 

                                       兵庫播州シャルドネ

                                       丹波ワイン

 

                                    日本 京都

 

 

播磨産シャルドネ種を100%使用、
シュール・リー(澱の上)で7ヶ月間熟成させた白ワイン。


                        心地よいボディ感と、柑橘系の爽やかな香りが魅力。



丹波ワインは1979年、
当時照明器具会社の社長を務めていた創業者、故黒井哲夫氏が
欧米で飲んだワインのおいしさに驚き、私財を投げ打って京都に創業しました。
創業当初は、日本酒の酒蔵を借りてワイン造りをしていたそうです。

丹波ワインの信条は、欧州タイプのワインを目指すでなく、
京都・丹波テロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すということ。
京都、そして日本の食にあったワイン造りを行っています。

農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培しており、
棚でなく垣根仕立てでブドウを育てています。

丹波ワインは早くから世界で認められ、
1984年に「鳥居野 白」がモンドセレクションで金賞を受賞。
その後も、「チャレンジ・インターナショナル・ドゥ・ヴァン」や
「ジャパン・ワイン・チャレンジ」など、
国内外で多数の受賞歴を誇ります。

こちらは、兵庫県播磨産シャルドネ種を100%使用し、
樽発酵後、シュール・リー(澱の上)で7ヶ月間熟成させた白ワイン。
切れの良い軽快な酸味と、柑橘系の爽やかな香りが融合し上品な深みを演出します。
じっくりと低温醗酵させているので、切れのよい軽快な酸味と心地よいボディ感を備え、
柑橘系の爽やかな香りが特徴。

やや薄めの麦わら色の外観。
グレープフルーツやレモンの皮など、柑橘系のアロマが広がる爽やかな印象。
白桃や紅玉などの果実の芳醇な香りも感じられ、ミネラルやホワイトペッパー
樽から来るバニラなども複雑味も感じられます。
最初に感じる酸味が、アフターにまで広がり、
白桃のような甘みを包み込み、味わいを下支えする綺麗ですっきりとした味わい。
フィニッシュに残る苦味と、酸味、甘みのバランスが見事に調和した、
凛と澄んだ繊細な味わい。

地鶏を塩で串焼きに、カンパチを酢橘を利かせたポン酢和えなど、
魚介類全般、和食をはじめ幅広いお料理と楽しめるということです。

                                   

 

f:id:battan360:20150912123000p:plain