読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

楽c~! 愉し味っ~!! E~Vino 【 ヴィーノ・ノヴェッロ Velenosi 2015 】

Vinoも「ジャケ買い。」

 

 

   f:id:battan360:20150909111521j:plain

 

                         Velenosi

                         ヴィレノージ

 

                           ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ モンテプルチアーノ

                           イタリア マルケ州

 

 

ヴェレノージは、イタリアのマルケ州最南端のアスコッリ・ピチェーノでワイン造りを行う注目を集める生 産者です。 数々のイタリアワインガイドで高い評価を受けるマルケ州を代表するワイナリーと言えます。 1984年にエルコレ・ヴェレノージ氏と妻のアンジェラさんの2人でワイナリーを設立。 当初は6haの小さな畑から始まりましたが、現在では本拠地であるアスコリ・ピチェーノを中心に105haの畑を所有するまでになりました。2002年6 月から、トスカーナ出身のトップエノロゴ、アッティリオ・パリをコンサルタントに迎えました。 ロバート・パーカーは『ワインアドヴォケイト』で、アッティリオ・パリの参加について『重要な動き』として言及し、『マルケ南部のリーダー的生産者となり つつあることを 確信している。』とも
 エルコレは、ワインに対する抑えきれない情熱のすべてを自分たちのワインに注いでいます。 「ワインは品質がすべて」、というポリシーのヴェレノージは、条件の良い畑だけを所有し、ブドウ栽培から醸造に至るまで徹底的に管理したワイン造りを行っ ています。 日当たりのよい斜面の畑から注意深くデリケートに栽培された葡萄を、各ワインのタイプにとって最もアルコール含有量が適当となる糖度の時期に収穫します。 コンピュータ管理された温度コントロールした醸造方法、ソフトでデリケートなダメージをもたらさないプレス、ワインの種類によって様々なサイズや種類の ステンレスタンクやオーク樽を使い分ける熟成が、色、味、ブーケ、アフターがパーフェクトなバランスの品質につながります。収量制限をマルケ州でいち早く 始めたのもヴェレノージです。そもそも、マルケ州のワイン生産量はそれほど多くはなく、その上にわざわざ収量を減らすような 造り手はいなかったのです。そんな状況で収量制限を始めることはとても勇気がいることだったとヴェレノージは語っています。

 

チョイもてオヤジは、もしかしたらヌーボよりも「Vino」をやっておるやもしれません。