読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

楽c~! 嬉c~!! E-Wine。 【 アンリー・ジロー シャンパーニュ 】

フランス ピノ・ノアール シャンパン シャンパーニュ ペンギン

? ワインは「ジャケ買」。

                              深く芳醇な味わいの「幻のシャンパーニュ」。

 

  f:id:battan360:20151024175339j:plain

 

 

                    シャンパーニュ ラ・プティ・ローブ・ノワール

                             バイ ディディエ・リュド&アンリ・ジロー

                    CHAMPAGNE LA PETITE ROBE NOIRE

                             by DIDIER LUDOT & HENRI GIRAUD

 

                      ピノ・ノアール

                      アンリ・ジロー

 

                     フランス シャンパーニュ

 

 

 

アンリ・ジローの歴史は、17世紀初頭に遡ります。
ルイ13世統治下の1625年、創業者のフランソワ・エマールは、
フランス、 シャンパーニュ地方のアイ村産のブドウ畑を手に入れブドウの栽培を始めました。

10世紀以前から、石灰質の土地であるシャンパーニュ地方は、
シャルドネピノ・ノワールなど良質なブドウを生み出す地として知られていました。
中でもアイ村産のピノ・ノワールは特に評価が高く、
17世紀にシャンパーニュ造りが始まった頃には、
多くのメゾンがアイ村産のピノ・ノワールを欲しがったといいます。

アンリ・ジローは、アイ村に約8haの自社畑を有しており、それらはすべてグラン・クリュ。
繊細にして芳醇、エレガントさとフィネスを感じる、高貴な味わいが魅力です。

こちらは、ピノ・ノワールの亜種でアイ村の土着品種プティ・ドレにこだわり、
遺伝子(=コード)レベルで品種の神秘性に迫ったシャンパーニュ
黒(=ノワール)ブドウの可能性を追求した、究極のシャンパーニュなのです。

ブラン・ド・ノワールならではの芳香さを保ち、品種の個性を活かした唯一無二の味わい。
バニラや蜂蜜の香りが特徴で、フレッシュな果実味や酸味と甘みのバランスも抜群。
フレッシュな果実味と豊かな酸のバランスが絶妙で、何とも魅力的です。

じっくりと、浸みわたるような深みのある味わいで、人々の心をひきつけます。
シャンパーニュ・ラヴァーの方々も思わず唸ってしまうような味わい深さです。

 

f:id:battan360:20150912123000p:plain