読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

楽c~! 嬉c~!! E-Wine。   【 カ・ディ・ライオ スプマンテ・ブリュット 】

ワインは「ジャケ買」。

 

f:id:battan360:20160219130107j:plain

 

 

                   カ・ディ・ライオ スプマンテ・ブリュット

                   CA DI RAJO SPUMANTE BRUT  

 

                    グレーラ

                    カ・ディ・ライオ

 

                   イタリア ヴェネト

 

ヴェネト州にあるワイナリー、カ・ディ・ライオ。
ライオとは"ライ"地区の古くの呼び名で、
現地のことばで「ブドウの枝」の意。
その土地の歴史は古く、マドンナ・デル・カルミネ教会という地元の教会を
中心にワイン造りを行ってきました。

現在でも、背の高いブドウの樹を左右に並べ、
トンネルのように枝を張らせていく、"Bellussera(ベルッセラ)"
と呼ばれる伝統的な方法でブドウを栽培
「様々な環境が織りなす美しいワイン畑」、
「環境を破壊せずブドウを栽培している素晴らしい例」
として

専門家から高い評価を得ています。

グレーラ(プロセッコ)のフレッシュな魅力を活かすために、
製造方式はシャルマ方式を採用。
密閉した大きなタンクの中で、ワインを二次発酵させます。
ワインを空気に触れさせず、二次発酵が30日前後という短い日数で
行われることで、ブドウ本来の香り高いアロマやコクを残し、
フルーティーで爽やかな味わいのスパークリングワインを造ることができます。

色は明るい麦わら色。
繊細な泡が長く続きます。
マスカットや洋梨、リンゴ、パイナップルなどの香りと、
爽やかでドライな味わい。
風味良く、バランスのとれた仕上がり

野菜やフライ、チーズなどの前菜や、牡蠣やエビなど生の魚介類、
トリュフとも好相性です。
温度は6〜8度でしっかり冷して飲むのがいいらしい。

クセのない味わいで、シーンを選ばず愉しめるスパークリングです。

 

 

f:id:battan360:20150912123000p:plain