読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

嬉 c~! 美味c~!! E-Wine。 【 レゼンブラン IGP ロゼ 】

フランス プロバンス テロワール

?ワインは「ジャケ買」 楽c~ければそれでええやん。

 

  f:id:battan360:20130927151502j:plain

                         レゼンブラン・IGP・ロゼ

                            Les Embruns IGP Rose

 

                         グルナッシュ・ノワール

                         メルロー/カベルネ・ソーヴィニヨン/シラー

 

                         フランス プロバンス

 

  レゼンブランは地中海に近い、ローヌ川沿岸の保護された広大な平原、カマルグのユニークな三角州のなかにあります。土壌 は砂質土、ぶどうは海洋の影響を受けた畑で有機栽培されています。ブドウはそのアロマを保存するため、夜から早朝にかけ収穫されます。果実のフレッシュさを残す ために14℃で発酵させます。生き生きとして輝きのある淡いバラ色。イチゴや桃、柑橘系果実のようなフレッシュで強いアロマ。バランス の良いフレッシュなワインだそうです。

 

f:id:battan360:20140925145042p:plain

 

           【ワイン用語: テロワール 】

   日本語の訳も「微気象」「局所気候」「微小気候」などまちまちです。マクロに対してのミクロですが、そのミクロの範囲をどこに持っていくかによって意味するところが違ってきます。
テロワールを土壌、ミクロクリマを気候と分けていう人もいますが、以前の章をを読んでいただければわかる通り、テロワールの概念にも気候が含まれます。一 般の人が混同して用いるのもわかります。「クリマ」というのは「区画」をさし、土地を表すことばであり、いつの時代からかテロワールを土壌寄り、ミクロク リマを気候寄りの語として分けられて用いられていました。

 

          ◆ この記事は「橋佐古和義」さんのHPから →  テロワールって何?11