読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■□ battan365's 「4℃ワイン」カタログ □■

楽しい食事、はずむおしゃべりのテーブルにはおしゃれなラベルが見える?

楽c~! 愉しみっ~!! NouVeau-Wine。【 ボージョレ ヌーヴォ ② 】 フィリップ・パカレ ヴァンド・プリムール

 

 

f:id:battan360:20150902142248j:plain

 

 

 

     自然派ワインの代名詞とも言われるフィリップ・パカレ。繊細なピノ・ノワールテロワールの特 徴を密に反映させ、造り出される純度の高い味わいは、自然派の枠に捉われず、多くのブルゴーニュワインラヴァーを魅了しています。フィリッ プ・パカレ氏は、代々続くボジョレーのブドウ栽培・醸造家の中で育ち、パカレ氏にとって「ワインの世界に生きる」ということは当然のことでした。ディジョン大 学にて醸造学を学んでいた時に、醸造家であり醸造科学者でもあるジュール・ショヴェ氏と知り合い、この出会いこそが、その後のパカレ氏のワイン造りに大きく影響を与えることになります。

ビオディナミ農法の先駆者であり、「自然派の神」と呼ばれたジュール・ショヴェ氏のもと、パカレ氏は大学で「自然栽培と酵母」と「土壌と酵母」について研究を深め、卒業後ビオロジック農法団体「ナチュール・プログレ」で2年間従事。その後、ワイン造りを極めるためにローヌ地方シャトーヌフ・デュ・パフの第一人者「ドメーヌ・シャトー・ラヤス」、そしてブルゴーニュの名門ドメーヌ、「ルロワ」で修業を積んだ後、D.R.C.の社長が共同経営を務める「ドメーヌ・プリューレ・ロック」の醸造及び販売責任者を務めました。パカレ氏が責任者を務めた10年の間でプリューレ・ロックのワインの評価はみるみるうちに高まり、それと共にパカレ氏の名も世界に広く知られるようになったのです。

その後、パカレ氏の手腕が認められD.R.C.の醸造長のオファーがあったにも関わらずあっさりと辞退。自らの理想とするワイン造りを目指し 独立、2001年よりフィリップ・パカレとしてワインを発表しました。リリースするやいなや、華やかな経歴と確かな腕を持つパカレ氏のワインはワイン界の 話題を独占。瞬く間に自然派ワインの代表格としてその名を馳せたのです

近年は、「ル・ギッド・デ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2013」など伝統あるワインガイドでも他の著名な造り手と共に名前が挙げられるようになりました。また最新ヴィンテージ2013年においては、エシェゾー、リュショット・シャンベルタンを含むグラン・クリュに加え、ジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニ-の1級畑を含む全14アイテムがパーカーポイント90点以上の高得点を獲得しているように、自然派ワインの代表格というだけではなく、ブルゴーニュの入手困難な造り手の一人として人気を集めています。  

 

 まだ房は樹になっており収穫をひそやかに待っている、、、楽しみです

 

 

f:id:battan360:20140925151208p:plain